So-net無料ブログ作成
検索選択

太陽光発電と不動産賃貸

p31.png

にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村


不動産投資 ブログランキングへ

太陽光発電投資のほうがだんだん片付いてきました。

太陽光の分譲は売っていますが、表面利回りが10%程度と書いてある物ばかりです。

不動産の場合、建物の価値は経年劣化しますが、土地の価値下落はそこまで変化しません。(場所によりますが)

太陽光の場合、FITの買取期間が終わると土地の価値はほぼゼロ、機器もたぶん価値はありません。

不動産と比較して考えてみましょう。

取得価格は、同額で2000万とします。

・僻地にある50kwの太陽光発電所。
  20年間の収益4000万
  修理費、管理修繕費 20年で400万
  20年後価値ゼロ 
  実質利益 収益4000-管理修繕費400万-取得費2000万=1600万
  2000万の投資が20年後に3600万になったことになります。

  私の考える実質利回りは、4%にしかなりません。
  (金融商品なんかの利回りは、この考え方ですよね。)

・地価700万、建物300万の築20年の戸建て2戸
  賃貸それぞれ月6万円、空室率30%
  地価下落は、0として、
  
  賃料年144万×空室率30%=100万×10年=1000万
  10年後に売却地価での販売=700万×2=1400万
 
 10年で2000万が2400万円になったので、4%の利回りです。
  
さーてどっちがいいのでしょうか。

現在収入は、サラリーマン収入の3倍くらいになっています(その半分は、ローン返済に消えますが)

現金がある程度作りやすくなってきましたので、そろそろ不動産も進めて行くことを考えています。

次の群馬前橋の競売広告は、11/25です!


にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ
にほんブログ村



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。